~パートナーシップ~
英国王立園芸協会

王立園芸協会

この世界有数の園芸慈善団体は、1804年にサー・ジョセフ・バンクスとジョン・ウエッジウッドによって設立されました。彼らのビジョンは、植物を通してすべての人の人生を豊かにし、英国をより緑の多い美しい場所にすることでした。その情熱は、科学研究、教育、コミュニティプログラムを通じて、インスピレーションに満ちた庭園やショーなど、王立園芸協会(RHS)の全活動の基盤となっています。その他にも、主要な出版物の発表、世界一流の園芸書や植物アートのコレクションの所蔵、最高の植物やガーデニングギフトの販売などを行っています。

キュナードのパートナーシップ RHSフラワーショー

2011年以来、キュナードはRHSとパートナーシップを結び、最も人気の高いフラワーショーやガーデニングショーを支援しています。毎年、チェルシー・フラワーショーでは、RHSとキュナードとのパートナーシップによるザ・ステージを開催、またハンプトン・コート宮殿ガーデン・フェスティバルではゲット・グロウイング・フェスティバル・ステージを開催しています。

RHSの未来を拓く

現在、RHSは何百万人もの人々に園芸への意欲をかき立てています。会員、ビジター、支援者からの資金援助だけで、庭園、支援活動、科学・教育プログラムの改革に向けて4,000万ポンドを集めています。2021年に「RHSサステナビリティ戦略」を発表したばかりのRHSは、その科学と名声、ネットワークを生かして気候変動の影響に取り組むユニークな立場にあります。

旅のインスピレーション

想像力をかき立てるストーリー

ワインへの期待

この夏はポルトガルやフランスなど、ワインの産地を訪れて、ワイン専門家ウィル・ライオンズのお気に入りワインのリストをご覧ください。

詳しく見る

ティータイム

キュナード船の人気アクティビティであるアフタヌーン・ティーの起源を探り、美味しいキュナード特製スコーンの作り方を学びましょう。

詳しく見る

キュナード創業180年記念

キュナードの過去を形作り、未来にインスピレーションを与え続ける特別な過去の出来事についてご紹介いたします。

詳しく見る