医療要件

2024年1月31日更新

キュナードでは、補助酸素(タンクまたはボンベ)を使用されるお客様、血液透析を必要とされるお客様のご乗船は受け入れておりません。CPAP、酸素濃縮器、機械的人工呼吸器、腹膜透析をご利用のお客様は、かかりつけの医療機関に乗船の可否をご確認ください。また乗船される際は、すべての既往症をカバーする海外旅行保険に加入する必要があります。なお、睡眠時無呼吸症候群でCPAPを使用されている場合はご乗船が可能です。

キュナードでは、すべてのお客様に可能な限りリラックスして快適にお過ごしいただけるよう努めております。お客様や同伴される方が、移動や車椅子に関するサポートが必要な場合は、ご予約後にマイキュナードの質問票をご提出ください。

詳細は、当サイトの ご利用可能なサポートと医療 のページでもご案内しております。

ご不明な点や追加でサポートを必要とされる場合は、オンラインお問い合わせフォームにてご連絡ください。

 

現在、キュナードの全クルーズにおいて、予防接種またはクルーズ前の検査は義務付けられていません。

新型コロナウイルス感染症の予防接種はキュナードのクルーズで必要ではなくなりましたが、キュナードをご利用のお客様には、同感染症の予防接種を受け、可能な場合にはブースターを接種されることを強くおすすめしております。

ご乗船前3日以内に新型コロナウイルス感染症の症状が出た場合、または陽性反応が出た場合は、ターミナルまたはチェックインカウンターの係員にお申し出ください。船内の医療チームが再度検査を行い、ご乗船に適しているかどうかを判断いたします。

特定のクルーズで医療要件が変更された場合、影響を受けるお客様にはご出発前に直接ご連絡いたします。また、ご乗船中に寄港する国や自治体によっては、弊社の定める予防接種・検査要件とは異なる、上陸時の特定要件を定めている場合があります。

クルーズ中に寄港する国の入国要件をすべて満たすことはお客様の責任となります。ご出発前に必ず渡航国の政府ウェブサイトで入国要件をご確認ください。要件を満たしていないために入国を拒否された場合、弊社は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

船内で陽性反応が出た場合について

船内で新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出た場合は、ご自身と他のお客様の健康のために隔離していただく必要があります。

充実したルームサービス、1日3食のお食事、無料のランドリーサービスなど、快適にお過ごしいただけるように、お客様のお世話を精一杯させていただきます。

ご乗船中に陽性反応が出たお客様の濃厚接触者に関しては、隔離の必要はありませんが、追加の検査や、客室内でのお食事や客室外でのマスク着用など、その他の対策方針が適用される場合があることをご了承ください。

新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出た場合、下船後に飛行機に搭乗予定のお客様は、船のスタッフにご相談ください。検査で陰性であれば、次の寄港地で下船することができます。下船後の宿泊施設、航空券、送迎のご予約とお支払いについては、お客様が加入されている海外旅行保険の会社へ直接ご連絡ください。

また、お客様の隔離期間が終了するまで、または下船予定港まで、専任の医療チームがお世話いたします。

このような理由で下船せざる負えない場合は、専任のサポートチームがご加入の海外旅行保険会社に連絡するお手伝いをいたします。

不測の事態に備えるためにも、ご出発前に適切な海外旅行保険に加入されることを強くおすすめいたします。