プエルト・ケツァル(グアテマラ)

プエルト・ケツァルへようこそ

モダンな港町プエルト・ケツァルは、グアテマラの魅力への玄関口です。グアテマラシティから南に107km、太平洋岸に位置するプエルト・ケツァルは、中米の主要港の1つです。世界遺産のアンティグア・グアテマラを訪れ、高地へ向かってアティトラン湖を眺めて、マヤ時代にまでさかのぼる豊かな歴史を発見しましょう。プエルト・ケツァルへ向かう途中の小さな村々では、まったく異なる生活スタイルに触れることができます。緑豊かな山々、休火山、なだらかな丘、うっとりするような海岸線など、息をのむほど美しい風景の数々をご堪能ください。

観光

グアテマラ観光の起点はプエルト・ケツァルですが、最も人気のある景色を見ることができるのは郊外でしょう。ウェスタン・ハイランズに向かって少し行くと、約12の村に囲まれた、グアテマラで最も観光客に人気の美しい場所の1つ、アティトラン湖に着きます。かつてグアテマラの首都だったアンティグアもプエルト・ケツァルからほど近く、訪れる価値が十分にあります。アンティグアは、南米で最も華麗な旧植民地時代の都市であり、現在は世界遺産に登録されています。多くの建物は16世紀のもので、博物館や建築物では町の興味深い過去を垣間見ることができます。

お食事とお飲み物

グアテマラ料理は、マヤ料理、スペイン料理、メキシコ料理の影響を受けています。食事は高水準であることが多いですが、必ずしも食事代が質に反映されているわけではありませんのでご了承ください。コメドール(郷土料理を提供するグアテマラの典型的なレストラン)はいたる所にあり、価格もとてもリーズナブルです。中心部から離れたエリアでは、メニューを理解するにはスペイン語の知識が必要になるでしょう。シーフード、トルティーヤ、黒豆は大変人気が高く、ほとんどの料理に使われます。軸付きトウモロコシ、牛肉のグリル、チキン、ワカモレなども、グアテマラ料理の定番です。よく飲まれるアルコール飲料はビールとラム酒です。ケツァルテカは地元の火酒で、非常にアルコール度数の高いお酒です。

ショッピング

プエルト・ケツァルの新しいクルーズターミナル内には、伝統工芸品の市場があります。これらのお店や地元市場のお店では、米ドルでの支払いを受け付けているところが多いです。最初に提示された価格は単なる始まりで、値下げ交渉は当たり前のため、交渉は必ず行いましょう。クルーズターミナルやアティトラン湖畔の町パナハッチェルなどにある大型店を除き、グアテマラでクレジットカードを利用できる場所は限られています。一般的なお土産には手織りの織物、シルバーやヒスイで作られたジュエリー、木彫り、マスク、レザーベルトなどがあります。

プエルト・ケツァル郊外

プエルト・ケツァルから東へ約18km進むと、グアテマラの太平洋岸最初の要港、イスタパに到着します。ここでは居心地よいビーチや、チキムリリャ運河を巡る興味深いツアーをお楽しみいただけます。さらに東へ約27km離れたモンテリコの町には、マングローブの湿地や黒い火山砂のビーチからなり、オサガメやヒメウミガメ、クロコダイル、数種類の鳥が生息する全長19kmの自然保護区、ビオトポ・モンテリコ・ハワイがあります。地元の女性が伝統衣装を着ていることで有名なサンティアゴ・アティトランの村は、パナハッチェルからボートで約1.5時間、アティトラン湖の対岸にあります。