宮古島(平良)

沖縄の宮古島は、絵のように美しいビーチと色とりどりのサンゴ礁が広がる、のどかで南国の楽園です。

沖縄本島から約180マイル離れた宮古島は、天国ののようなビーチが最大の魅力です。島内は平坦な土地でサトウキビ畑が広がっていますが、宮古島の一番の見どころはやはり海岸線でしょう。

島全体が想像を絶する美しいビーチで覆われていますが、特におすすめな観光地は、4マイルに及び白砂が続く「与那覇前浜ビーチ」と、シュノーケリングに最適の「イムギャーマリンガーデン」です。美しい珊瑚礁の洞窟やトンネルを探検し、フグやヤマブキなどのエキゾチックな魚を発見してみましょう。

宮古島市植物園には、ハイビスカス、プルメリア、ブーゲンビリアなどの熱帯の花々をはじめ、1,600種類以上の植物が植えられています。16世紀の宮古の指導者、仲宗根豊見親を始祖とする忠導氏にゆかりのある墓「豊見親墓」を訪ねましょう。東平安名崎の端にある白い灯台は、ターコイズブルーの海に突き出た1.2マイルの美しい岬で、そこから見渡す素晴らしい景観に感動されること間違いなしです。