ガリラヤ(ハイファからのツアー)(イスラエル)

ナポリやサンフランシスコにもたとえられるハイファは、広大な湾を囲む松の香り漂う丘の斜面に広がっています。おそらくイスラエル北部で最も魅力的な街の、ビーチやミュージアム、ギャラリーは訪れる人を楽しませてくれるでしょう。

ハイファのバハーイー教寺院と庭園には、ワシやクジャクの像が手入れの行き届いた芝生を見下ろすように建ち、階段状になった庭園の上にそびえる金のドームの寺院とその先に広がる景色は圧巻です。

イスラエル第3の都市であるハイファは国内で最も美しい町の1つでもあり、美しい庭園やオスマン建築およびバウハウス・デザインの建築、活気ある市街地など、さまざまな魅力があります。丘陵地帯にあるハイファはイスラエル最大の港でもあり、海は地元人の生活において重要な役割を果たしています。ハイファへのクルーズでは、魅力的なビーチから多種多様なコミュニティや文化、6つの宗教が平和に共存するユニークな混合へと変化する景色をご覧いただけます。

ハイファで最も象徴的な見どころは、カルメル山の切り立ったドラマチックな斜面に広がるバハーイー庭園でしょう。完ぺきに手入れされた19の台地には花壇、噴水、プール、彫像などがあり、ハイファ湾を望む絶景だけでも訪れる価値があります。100人を超える庭師が敷地のメンテナンスを行っていますが、庭園は美しさ、平穏、静けさに満ち、一見の価値があります。2008年にユネスコ世界遺産に登録されたのもうなずけます。

近隣には、静かで日陰が多く、家族連れに最適なガン・ハ・エム庭園もあり、一休みしてリラックスするのにおすすめです。運が良ければ、リラックスしたい夏の夜には円形劇場でコンサートを観賞できるかもしれません。

ハイファには、宗教的な観光地もたくさんあります。ステラ・マリス修道院では、カルメル修道会について学ぶことができます。12世紀後半に建てられ、十字軍時代の巡礼者たちがカルメル山の斜面で隠匿生活を選んだ頃を反映しています。修道院からの海の眺めは比類なきものであり、美しい塗装が施された内部もまた、一見の価値があります。ご見学の際は、膝と肩を覆う服装でお越しください。

イスラエルの主要な海の玄関口であるハイファの港エリアは、市内で最も活気に満ちたエリアです。また、多くのショップ、レストラン、バー、ギャラリーが集まるエリアでもあります。伝統的なイスラエル料理を味わい、お土産を買い、そしてドリンクを片手に行き交う人々を眺めておくつろぎください。休憩したくなったら、コーヒーショップやレストランが立ち並ぶ贅沢な砂浜、ダド・ザミール・ビーチで涼みましょう。

ハイファはイスラエルの他の観光地にも近く、死海、十字軍ゆかりの都市アッコ、古代都市エルサレムの探訪にも絶好の拠点となります。

ハイファ - 文化都市

ハイファは屋外の見どころに恵まれているだけでなく、イスラエルの文化の中心地でもあります。イスラエルで最も興味深いヘクト博物館を始め、数多くの博物館や美術館、ギャラリーがあります。ヘクト博物館には、紀元前400年頃に造られた、保存状態のよい商船であるマアガン・ミケル沈没船が所蔵されています。参加型で興味深い科学博物館、マダテックへの訪問もおすすめです。また、シオニストたちの運動と、1934年から1948年にかけてヨーロッパからパレスチナにユダヤ人難民を潜入させようとした彼らの試みについて紹介しているイスラエル海軍博物館にもぜひお立ち寄りください。