ベリーズシティ(ベリーズ)

英語を公用語とする小国ベリーズは、アメリカ大陸とカリブ海の両方に属する国とみなされています。中米の東側に位置し、グアテマラおよびメキシコと国境を接しています。まさにさまざまな文化の影響が入り混じった国と言えます。

海辺の首都ベリーズシティは、世界的に有名な神秘的なマヤ文明の伝統と、1年を通しておいしい料理と活気ある音楽に満ちた心躍るクレオール文化が融合する街です。

湿地帯やサバンナ、ジャングル、カリブ海など、ベリーズシティは多様な景観に囲まれ、どこへ出かけても魅了されること間違いなしです。アルトゥン・ハの遺跡は市街地からわずか54kmの場所にあり、1960年代に2つの祭事用の広場と多くの寺院が発掘されました。クルックドツリー野生生物保護区では、国鳥のオオハシ、5種類のカワセミの在来種や燃えるような赤い色のコンゴウインコを含む何百種類もの渡り鳥などを観察できる場所です。緑豊かなジャングルへのトレッキングでは、ジャガー、グリーンイグアナ、クモ、ホエザルなどを見かけることができ、いつまでも記憶に残る熱帯雨林での体験になることでしょう。