~パートナーシップ~
英国ナショナル交響楽団

女王にふさわしい交響楽団

ナショナル交響楽団は、英国で現在最も長い歴史を持つプロのフリーランス交響楽団の1つとして、一貫した実力と情熱をもって観客を魅了する、その多彩さと親しみやすさで定評があります。 同楽団は、エリザベス2世の90歳の誕生日を祝う楽曲を録音する楽団に選ばれています。

スクリーン上での活躍

毎年恒例の洋上の演奏に加え、交響楽団は最近ではデビー・ワイズマン(写真)がスカイシネマ作品『To Olivia(トゥー・オリビア)』のために書いた楽曲を録音したほか、賞に輝いたNetflix作品『ザ・クラウン』で、ダイアナ妃がウェイン・スリープと踊ったロイヤル・バラエティ・パフォーマンスのシーンに登場しました。

2021年には、モーツァルトの協奏曲や交響曲、ベートーベンの「交響曲第5番」、バイオリン協奏曲「2つのロマンス」のCDを録音。現在はNetflixとのコラボレーションにより、最新のヒット時代劇『ブリジャートン家』の音楽を担当しています。

アンソニー・イングリスと英国ナショナル交響楽団クルーズ

2024年10月4日~13日
著名マエストロ、アンソニー・イングリスの指揮、英国ナショナル交響楽団の演奏による、クラシック音楽の世界をご満喫ください。この15周年記念クルーズのハイライトは、船内のロイヤル・コート・シアターでの2回のイブニング・パフォーマンスです。ぜひお見逃しなく。

旅のインスピレーション

180年の歴史の中で、多くの舞台や銀幕スターたちがキュナードのクルーズを楽しみました。アーカイブ記事を探して、彼らが乗った船や、クルーズにもたらした華やかさを発見しましょう。

洋上の著名人

歴史家クリス・フレーム氏が、キュナードの有名な乗客の舞台裏を2部構成でご紹介します。

詳しく見る

女王にふさわしい体験

専用ダイニングからグランドスイートまで、キュナードの究極の洋上体験であるクイーンズ・グリルが長年にわたってどのように進化してきたか、アーカイブ記事からご紹介します。

詳しく見る

キュナード創業180年記念

キュナードの過去を形作り、未来にインスピレーションを与え続ける特別な過去の出来事についてご紹介いたします。

詳しく見る