洋上のロンドンシアター

ローレンス・オリヴィエ賞と提携し、大英帝国勲章叙勲のジュリアン・バードがキュレーションしたユニークな大西洋横断クルーズでは、ローレンス・オリヴィエ賞受賞のタレントたちのパフォーマンスを舞台の内外でご堪能いただけます。

2024年6月15日~23日、クイーン・メリー 2

舞台および銀幕のスター、ジェイソン・マンフォードと、オリヴィエ賞にノミネートされたウエスト・エンドのパフォーマー、クレア・ムーアなど、著名なゲストたちによるパフォーマンスをご覧ください。スターたちと対話 舞台裏を垣間見て、ワールドクラスのショーを生み出す秘訣を学びましょう。日中の数々のユニークなイベントや、スペシャルイベント「オリヴィエ・イン・コンサート」を含む、夜の特別プログラムをお楽しみください。オーケストラとキャストが、45年を超える歴史を持つローレンス・オリヴィエ賞の作品を見事に再現。1回限りの素晴らしいパフォーマンスをご堪能ください。

不可能を可能にするクリエイターたちによるイマーシブな演技とボーカルのワークショップ、ロンドンのウエスト・エンドの振付師によるダンスクラスなど、舞台芸術ファンのお客様にはまたとない体験ができるクルーズとなるでしょう。ゆったりとくつろぎながら、ロンドン舞台芸術業界の最高峰をじっくりご観賞ください。

船上のゲストスピーカー

ジェイソン・マンフォード

英国を代表するコメディアン、アナウンサーであり、 劇場でも活躍する ジェイソンは最近、『オズの魔法使い』(ロンドン・パラディウム劇場)に主演し、2017年から2022年までオリヴィエ賞の司会を務めていました。

詳しく見る

パトリシア・ホッジ、OBE

オリヴィエ賞に輝く女優で、英国テレビのアイコン的存在であるパトリシアは、BBCのホームコメディ『Miranda(ミランダ)』、『ダウントン・アビー』、『All Creatures Great and Small(オール・クリーチャーズ・グレート・アンド・スモール)』などに出演しています。

詳しく見る

クレア・ムーア

ローレンス・オリヴィエ賞候補者のクレアは、過去40年間、ウエスト・エンドのステージで主役を務めてきました。彼女はまた、実力派ピアニストのジェイミー・サフィールと定期的にキャバレーでショーを行っており、数々の賞に輝いたオーケストレーターのサイモン・ヘイルの夫人でもあります。

詳しく見る

サイモン・ヘイル

サイモンは、ジョージ・ベンソン、ジャミロクワイ、シンプリー・レッド、テイラー・スウィフト、サム・スミスといったアーティストのレコーディングの編曲を行ってきました。演劇に関しては、数多くの作品のオーケストレーター、編曲家を務めています。

詳しく見る

トム・キャラディン

トムの監督作品には、音楽監督として『Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat』の英国ツアー、『Hi-de-Hi 』、音楽副監督として『Priscilla Queen of the Desert』、『Scrooge and Cabaret』、児童向けミュージカルの監督として『The Sound of Music』があります。

詳しく見る

ベン・ストック

音楽監督、ミュージックホールのパフォーマーであり、ディズニーの『美女と野獣』、『グリース』、『ジプシー』など、さまざまなウエスト・エンドのミュージカルや演劇で主役や重要な役を演じています。

詳しく見る

デイビッド・マクムラン

複数のローレンス・オリヴィエ賞を受賞した『The Book of Mormon』の振付師であり、『Mary Poppin』や『Hairspray』などさまざまな作品にも出演しています。

詳しく見る

ラリー・ブランク

さまざまな賞を獲得した作曲家、編曲家にして、指揮者でもあります。『The Drowsy Chaperone』、『White Christmas』のオーケストレーションと、作曲家マーク・シャイマンと共同オーケストレーション『Catch Me If You Can』で著名な賞にノミネートされています。

詳しく見る

ジュリアン・バード

世界的に知られる制作会社Green Room Ents Ltdの最高経営責任者であり、英国や米国の劇場、テレビ、ラジオなどで幅広い舞台作品を手掛け、新しい作品の制作に携わっています。

詳しく見る

エマ・キングストン

ウエスト・エンドの『イン・ザ・ハイツ』、『Heathers: The Musical(ヘザーズ:ザ・ミュージカル)』、『レ・ミゼラブル』や『エビータ』のインターナショナルツアーでエビータを演じた、映画でも舞台でも活躍している女優です。

詳しく見る

ニコル・ラケル・デニス

数々の賞に輝く俳優兼歌手。英国初の『ドリームガールズ』ツアーでエフィ・ホワイトを演じたことでも知られています。テレビでは、BBC Oneの『Musicals: The Greatest Show(ミュージカルズ:ザ・グレイテストショー)』に出演、『The Voice』ではセミファイナリストとして、ジェニファー・ハドソンとデュエットを歌いました。

詳しく見る

ロブ・ハウチェン

歌手であり俳優であり、ミュージカルのパフォーマーとして広く人気を得ています。劇場作品では『アルフィー・ボー&フレンズ』、『Sondheim's Old Friends(ソンドハイムズ・オールド・フレンズ)』、『南太平洋』、『レ・ミゼラブル』などに出演しています。テレビにおいては『ウエストサイド物語』で主役のトニーを演じたほか、『The Making of a Classic(ザ・メイキング・オブ・ア・クラシック)』、『レ・ミゼラブル・ザ・オールスター・コンサート』にも出演しています。

詳しく見る

ジェイミー・サフィア

ピアニスト、ソングライター、そしてプロデューサーであるジェイミーは、カイリー・ミノーグ、ウィル・ヤング、トム・ウォーカーなど、ジャズやポピュラーミュージックの一流アーティストと共演しています。

詳しく見る

サラ・クロンプトン

ロンドンの『デイリー・テレグラフ』でアート・エディターを務めるほか、 『Whatsonstage(ワッツオンステージ)』での演劇批評、『ザ・ガーディアン』、『ザ・サンデー・タイムズ(ロンドン)』、『ヴォーグ』などで文化ジャーナリストやキャスターとしても活躍しています。

詳しく見る

サラ・アニカ・マリック

サラは舞台監督・映画監督で、政治色の強い作品を得意とします。これまでアルメイダ・シアター、オールド・ヴィック・シアター、ドンマー・ウェアハウス、ブリストル・オールド・ヴィック、ゲート・シアター、アクターズ・チャーチ、ロイヤル&ダーンゲートなどのロンドンの劇場で演出やサポートをしてきました。

詳しく見る

スピーカーおよびアクティビティは変更される場合があります。アクティビティによっては追加料金が発生する場合があります。