洋上の文学フェスティバル クルーズ - オーストラリア 2024年

ディモックスとの提携により、第1回オーストラリア洋上の文学フェスティバル クルーズを開催いたします。海の上で素晴らしい文学の世界に浸りましょう。

2024年12月11日~16日、クイーン・エリザベス

オーストラリアで最も歴史のある書店、ディモックスとの共同企画による、第1回オーストラリア洋上の文学フェスティバル クルーズ(5泊)にご参加になり、受賞作家や他の読者たちとの交流をお楽しみください。

アレクザンダー・マコール・スミス、フィオナ・マッキントッシュ、アニタ・ヘイス、グラム・シムシオン、アン・ビュイスト、ポール・クリーヴ、スー・ウィリアムズ、エリザベス・スタンレーなど、著名な作家が名を連ねるこのクルーズは、オーストラリアの海岸線の壮大な眺めに囲まれて文学に浸るのにぴったりです。

趣味の合う愛好家との刺激的な会話をお楽しみください。熟練の作家が自ら語る、創作過程の秘密もお聞き逃しなく。実践的なワークショップや質疑応答コーナーでは、ご自身のライティングの腕を磨くことができます。そして、文学界に旋風を巻き起こした著名作家によるストーリーテリングの技を垣間見るチャンスも。

心を豊かにする、新しいアイデアを呼び起こす体験。創造力を刺激する、活発なディスカッション。いつまでも心に残る思い出となる、作家との出会い。文学への愛を胸に豪華なクイーン・エリザベスに乗船し、オーストラリア洋上の文学フェスティバル クルーズで、心に残る5泊をお過ごしください。

ダイモックスとの提携クルーズ

オーストラリア最古の書店ダイモックスとの提携により企画された洋上の文学フェスティバル クルーズ - オーストラリアでは、オーストラリアの海岸線の素晴らしい景色を楽しみながら、文学愛好家、作家志望者、文学賞作家が5日間を共に過ごし、文学、冒険、リラクゼーションを楽しみます。

スペシャルゲスト乗船

アレクザンダー・マコール・スミス

英国の作家、アレクザンダー・マコール・スミスは、これまでに100冊以上の本を執筆しており、世界で最も愛されている作家の1人です。小説、短編小説(オーストラリアを舞台にした小説を含む)、オペラ台本、詩集などの作品を出版していますが、英語版だけで2,000万部以上を売り上げた、絶賛された小説シリーズ『No.1レディーズ探偵社』がおそらく最も有名でしょう。

オーストラリア洋上の文学フェスティバル クルーズでは、親密なトークや質疑応答セッションを通して素晴らしいストーリーを共有してくれます。また作家たちのパネルに加わり文学のトレンドについて話し合うなど、お客様を文学の旅にお連れします。

フィオナ・マッキントッシュ

フィオナ・マッキントッシュは、さまざまなジャンルの作品を出版しているオーストラリアの人気ストーリーテラーの1人です。ヒット作であるジャック・ホークスワースの犯罪シリーズの著者であり、その4作目(『Dead Tide』)は、出版第1週目にオーストラリアのベストセラー作品第1位にランクインしました。歴史フィクションも大ヒットし、彼女のマスタークラスはオーストラリアで最も成功を収めているライティングのマスタークラスの1つとして、多くの新鋭人気作家を輩出しています。

トークや質疑応答では、インスピレーションの源と、執筆へのアプローチの仕方について語ってくれます。また一連の講義*も予定しており、この著名な作家から直接学ぶ機会を得られます。

アニタ・ヘイス博士

アニタ・ヘイス博士はオーストラリアで最も出版数の多い作家の1人です。ノンフィクション、歴史フィクション、子ども向け小説、詩、社会評論、旅行記事など、実にさまざまなジャンルの作品を書いています。著者フェスティバルの常連であり、世界各地を訪れてアボリジナル文学についての講義を開いています。

アニタはストーリーテリングの力を通して、先住民作家としての自身の体験に光を当て、文学とアドボカシーの世界へお客様をご案内します。

グラム・シムシオンとアン・ビュイスト

結婚して35年、グラムとアンは『Two Steps Forward』、『Two Steps Onward』、『The Glass House』などの小説を共同出版してきました。グラムは『ザ・ロージー・プロジェクト』シリーズでも大成功を収め、一方アンはナタリー・キングシリーズを含む5つの犯罪小説を執筆しました。

世界中の読者にアピールする小説を書く秘訣を発見しませんか。創作プロセスを通して、グラムが逸話に富んだ彼の世界へお客様をお連れします。そしてアンと一緒に、心理学とストーリーテリングとのデリケートな相互作用について掘り下げる、心を打つ冒険に出かけましょう。

ポール・クリーヴ

ポールは、ニュージーランドのクライストチャーチを舞台にした小説を執筆する、受賞歴を誇る作家です。サンモール・ブックフェスティバルにおける年間最優秀犯罪小説の受賞歴があるほか、ナイオ・マーシュ賞を3回受賞し、エドガー賞、バリー賞、ネッド・ケリー賞にも入賞しています。

トークや質疑応答セッションでは、創作プロセスをお客様と共有し、インスピレーションの源を説明してくれます。また仲間の作家とのパネルディスカッションに参加して文学のトレンドについて話し合います。

スー・ウィリアムズ

スー・ウィリアムズは、オーストラリアのあらゆる大手新聞や雑誌に執筆した経験を持つ、受賞歴を誇るジャーナリスト兼ベストセラー作家です。スーは長年にわたって世界各地を1人で旅し、その後『Getting There: Journeys of an Accidental Adventurer』、『Women of the Outback』、『Welcome to the Outback』などの著書を通してオーストラリアを深く掘り下げています。また、数多くの伝記や歴史小説、『Elizabeth & Elizabeth』、『That Bligh Girl』などの小説も執筆しています。

オーストラリア洋上の文学フェスティバル クルーズでは、編集や旅行記の書き方、ノンフィクションとフィクションの執筆などに関する幅広い知識を紹介するほか、旅行記、回想録、フィクションの書き方のワークショップ*を開催します。

エリザベス・スタンレー

エリザベス・スタンレーは、英語教育と教育心理学の経歴を持つ、数々の賞に輝く経験豊富な作家兼イラストレーターです。ビクトリア州のドロムキーン児童文学館の館長を5年間務めた後、同館をモデルにして建設されたフリーマントル児童文学館の初期役員に就任。

エリザベスは、絵本の書き方やビジュアル・リテラシーの理解についてのワークショップ*を開催します。情報満載でインタラクティブなこれらのワークショップでは、絵本が子どもの成長に与える影響について考えます。好奇心旺盛なお子様のご両親や祖父母の方にぴったりのワークショップです。

今後、さらに多くのゲストスピーカーの乗船を発表予定です。

*この体験はクルーズ代金には含まれていません。ご出発前にマイキュナードよりご予約いただく必要があります。参加が可能な人数には限りがあります。米ドルでのお支払いとなります。また、利用条件が適用されます。

その他のおすすめクルーズ

洋上の文学フェスティバル クルーズ 2024年

2024年11月13日~20日、クイーン・メリー 2
サウサンプトンからニューヨークまで、西廻り大西洋横断クルーズを楽しみながら、ペンの持つ力を讃え、本を愛する仲間たちと語り合いましょう。

『タイムズ』と『サンデー・タイムズ』のチェルトナム文学フェスティバルをプログラムしたチームが企画したこのイベントでは、作家、詩人、ジャーナリスト、批評家、歴史家が一堂に会し、クルーズにこのフェスティバルのスピリットをもたらします。